食べる時にくちゃくちゃと音がする。食事の時に口を開けて食べる癖がある。

2018年3月21日

食事の時にくちゃくちゃという音がすると本人も周囲も気になるものです。

どうして食事の時に音がするのでしょうか。どうしたら音がしなくなるのでしょうか。

音を立てずに食事をする癖をつけるようにしましょう

スポンサーリンク



食べるときのクチャクチャ音が気になる

 食事の時には 音をたててはいけない・・・というのがマナーの基本。

でも日本人は 食べるときに音を出すことがあります。

 

例えば お蕎麦やラーメンはずずーって音をたてて「すする」

茶道でお茶をいただくときの「吸い切り」はズズズと音をたてて飲み切ります。

でも普通の食事の時に 同じテーブルの人がくちゃくちゃと音をたてて食べていたらさすがに気になりますね。これは、口を閉じないで食事をするからで 口を閉じて食べるように練習すると少しは改善されます。

 

一般に口が開きっぱなしになっている人の原因として

①鼻の病気

②歯並びが悪い

一度にたくさんの量を口に入れる

④癖になっている

などがあります。

 

鼻の病気の場合「アレルギー性鼻炎」や「副鼻腔炎」など色々です。

病気でで息ができない(息をしずらい)と→口で呼吸をする→食事の時も口を開けて食べる→クチャクチャと音がする・・・となってしまいがちです。

 

歯並びが悪い場合も口があいてしまいます。上の歯が前に出過ぎている(出っ歯)。下の歯が前に出過ぎている(すけ口)。唇がうまく閉じないので どうしても食べる時の音がします。

 

口の中の食べ物が多すぎると、ほっぺが膨らんだりして、口があいたりします。ガツガツ勢いよく食べるのは、イキオイがあっておいしそうなんでスけどね・・・。同じような感じで、口の中に まだ入っているのにどんどん次の食べ物を入れる人もいます。当然食べる時に音がしますし、そんなに急いで食事をすると消化にも良くないです。ゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。

 

小さい頃から口を開けて食事をしてしまって、よくならない。これは本人も気がついてない場合があります。本人のためにも家族や友人など、身近な人が注意してあげてください。

 

習慣や癖の場合は、本人の自覚次第ですので できるだけ気を付けるようにしましょう。

 

鼻が詰まっている場合は、耳鼻科で診察を受けてみてはどうでしょうか。

 

また歯並びが悪いのは全身疾患の原因にもなります。こちらも歯科に相談してみることをおすすめします。

 

【関連記事】

飲み物を飲むときにゴクゴクと音がする
食事中 口を閉じているのに くちゃくちゃと音がする
咀嚼音のが気になる。噛む音が大きくなる3つの原因とは?

スポンサーリンク