パスタの食べ方 スプーンを使う、すする、 噛み切る

2018年3月21日

数ある麺類の中で、物議を醸す確率が高いのがスパゲティではないかと思います。
特にスパゲティを「すすって食べる」ことについては、かなり嫌悪感を持つ方もいて家庭内でも揉め事の種になることもあるようです。

スポンサーリンク



パスタの食べ方 スプーンを使う?

パスタっておいしい♪

パスタっておしゃれ♪

 

でも 問題なのはパスタの食べ方

フォークだけ?

スプーンとフォークを両手に持つ?

 

パスタをずるずると音を立てるのは変?

パスタを途中で噛み切るって してはいけないこと?

 

どう思いますか?

 

ちなみに「パスタ」っていうのは「小麦粉で作る麺類」くらいの意味。

イタリア人から見たら、うどんも「パスタ」♪

もちろんマカロニもペンネもラビオリもスパゲティも「パスタ」♪

 

だから この「音を立てる」とか「スプーンを使うのが云々」のパスタは「細長いパスタ=スパゲティ」のこと。

 

なので もう一度質問をし直します。

スパゲティを食べる時にスプーンを使う?

スパゲティをズルズルとすするのは変?

スパゲティを途中で噛み切るのはいけないこと?

 

どう思いますか?

 

スパゲティをすする人

結論から言いますとスパゲティをすするのはやめた方がいいです。

 

一番一般的なスパゲティナポリタンの場合

 

ズルズルすすられてケチャップが飛んだりしたら たまりません。

ケチャップのシミは ついてすぐなら水洗いで落ちますが

時間がたつと落とすのが大変です。

 

ナポリタンの次に一般的なミートソースも一緒です。

油とケチャップの混ざった汚れはナポリタン以上に落ちにくいです。

 

お願いですから スパゲティをすするのは 

やめてください

 

スパゲティを食べる時は、ほんの少しだけをフォークに挿してくるくると巻いて一口でパクッと食べると見た目もいいし、洗濯物の心配もしなくて済みます。

 

ズルズルという音もしませんので 余計な揉め事もおきません。

 

テーブルマナーについて言うと

 

外食をする場合は、スープを飲む音、麺類をすする音は極力出さないようにするのが一応のマナーです。ただし、『ソバ・うどん・ラーメンは除く』という国民的な暗黙の了解があります(多分)。

 

もしも お子さんや若い人、つまり 今から社会に出て公の場でスパゲティを食べる可能性があるようでしたらスパゲティはすすってはイケナイとしっかり教えてあげた方が本人のためになります。

 

それ以外の人、たとえば 「ご高齢の方」「言っても言っても聞いてくれない人」の場合はまた違う対処の仕方をしましょう。

 

スパゲティを噛み切る人

食事の時の癖というのは なかなか治らないものです。

 

もし あなたが食事の用意をする立場の人で

もし 家族の誰かのスパゲティの食べ方が気になるようなら次のようにしてみたらどうでしょうか。

 

①スパゲティを噛み切るなら

スパゲティの麺をキッチンばさみで半分くらいに切って食卓に出してみてください。吸い込む力が少なくなっているのかもしれません。自分の適量をフォークに巻くのが苦手なのかもしれません。

スパゲティをゆでる時に半分に折ってお鍋に入れてもいいです。

 

この方法は焼きそばを作るときにも使えます。焼きそばともやしを2~3カ所 包丁で切って作ってみてください。意外と食べやすいです。

 

お弁当に入れるスパゲティや焼きそばも刻んで入れると食べやすくなります。

 

②フォークにスパゲティを引っかけて口に持って行くなら

フォークに巻かないで食べているなら フォークを使うメリットはありません。はっきり言って「お箸」の方が食べやすいです。フォークにスパゲティを巻かずに口に持って行く人のためには「お箸」を用意してあげてください。

ちょっと気の利いたレストランなら ご高齢の方が食べにくそうにしていたら「お箸をお持ちしましょうか?」と聞いてくれます。それがプロってものです。

 

③スプーンを使うのは?

普通のスパゲティ(平らなお皿に乗っかって出てくるような)を食べる時には、基本的にフォークだけで食べれますので スプーンは使いません。スープ系やトロミのあるスパゲティの時はスプーンを付けてセッティングします。または、パンを用意しておいてパンにソースをからませて お皿のソースをキレイに食べてしまうようにします。

【関連記事】
彼氏の箸の持ち方がひどい!正しくない持ち方を直してもらうにはどうしたらいい?

終わりに

日本人だけど

うどんよりも 蕎麦よりも

パスタが大好き♪

美味しく食べるには、テーブルの雰囲気も大事♪

って私のことです(*^_^*)

スポンサーリンク