喪中ハガキと出産報告

2018年4月6日

毎年の年賀状でいつもは会えない人の様子を知るのを楽しみにしている方もいらっしゃると思います。

反対にこちらの近況もぜひ伝えたいと思いますよね。特に新しい家族が増えた時は できるだけたくさんの人に報告したいものです。

でもご不幸があって年賀状を出せなくなってしまったら?

今回は喪中ハガキと赤ちゃんのことについてのお話です

スポンサーリンク



喪中ハガキと出産報告

よく年賀状に「家族がひとり増えました」って書いて赤ちゃんの写真を載せてるのを見ることがありますよね。年賀状ならそれも「アリ」です。でも、一般的に喪中ハガキでは「家族が増えた報告」はしません。

 

その理由を説明しますね。

 

年賀はがきと喪中ハガキ

 

まず年賀状と喪中ハガキの違いから説明しますね。

年賀状は新年のあいさつをするものですね。

年賀状の内容は

・新年の喜びの言葉

・昨年までのお世話に感謝する言葉

・こちら側の簡単な近況の報告

・新しい年もお世話になりますという気持ちを表す

・先方様の今年の健康と幸せを祈る

という感じではないでしょうか。

 

次に喪中ハガキです。

毎年 年賀状を出している方には 年賀状を出さないと失礼になりますよね。でもご不幸があった時は年賀状でお祝いの言葉を書いたり相手に心配りをしたりもつらいものです。そういう時に出すのが喪中ハガキになります。

 

なので喪中ハガキの内容は一つだけです。

・今年は年賀状を出せません

 

つまり「まだ身内の不幸の悲しみの中にいるので、喜びの言葉もいうのがツライです、近況の報告もできそうにありません、 申し訳ないですが 新年のあいさつはできそうにありません」というのが喪中のハガキの内容になります。

 

喪中ハガキを出す範囲

もし お亡くなりになった方が そんなに近い親戚ではない、または同居の方ではない、などの場合、つまりあまり悲しみが深くない状態なら、あえて喪中見舞いを出す必要も、お亡くなりになったことを 会社関係や友人関係に広める必要もありません。普通に年賀状を出してもかまいません。

もちろん親戚関係は別ですので、そのあたりは臨機応変に区別してくださいね。

 

また こういうのは ご本人の気持ちの問題が大きいので、きちんと線引きができない部分です。血縁としてはそんなに近い関係ではないけれど、とても仲が良かった場合などは「喪中」としてもかまいません

 

喪中ハガキと赤ちゃんの名前

年賀状なら、差出人の欄に世帯主と妻と子供の名前を書いても構いませんが、喪中ハガキは「世帯主」と「妻」の名前しか入れないのが一般的です。

これは、「親」と「子ども」は親等が違うので喪に服する期間が違うという風習から来ているものです。(親等とは親戚関係でどのくらい近いかを現す言葉です)

 

年賀状や喪中ハガキは 基本的に「家と家との公式な挨拶状」なので、「型」は 外さないようにしましょう。

赤ちゃんの出産報告は?

 

 では どうやって赤ちゃんのことを知ってもらいましょうか。いくつかの方法をあげますね。

 

● 翌年の年賀状で報告する・・・喪中ハガキを受け取った人だったら、「昨年はご不幸もあったし出産もあったんだ。忙しいでしょうに頑張っていたんだな」って思ってくれると思います。

●翌年の暑中見舞いで報告する・・・毎年暑中見舞を出している人もいると思います。年賀状と違い、気軽に出せる暑中見舞いなら堅苦しい挨拶も必要ありません。赤ちゃんの写真や近況を書いて送ると喜ばれると思います。

●メールやSNSで・・・もうすぐ赤ちゃんが産まれるはず、と知っている人は「母子ともに無事かしら」と心配しているかもしれません。そんな時には、郵便ではなく、メールなどで直接報告をしておくと相手も安心できます。

【関連記事】
喪中はがきを出すべきか迷う。

出産報告を寒中見舞いで出すのは?

寒中見舞いはもともと 寒さの厳しい季節に相手の健康を気遣うお便りです。

 

でも、年賀状を出せない人が年賀状の代わりに使うこともあります。

 

たとえば

・ 年賀状の時期に間に合わなかった

・年賀状を出す相手が怪我や事故に合った

・こちらかあちらに不幸があった

・災害に見舞われた

などの場合ですね。

年賀状を出すには気が引けるけれど、ご挨拶をしたいという場合に使うものです

 

なので もし先方様に気がかりがあって、寒中見舞いで先方様のお見舞いをするようでしたら、最後に一文だけ「我が家にも新しい家族が増えました。春には一緒にお見舞いに伺いますね」という風に書き添えてもいいかと思います。

当然ですが、メインの用事は「相手に対するお見舞い」ですので赤ちゃんの写真などは使わないようにしてくださいね。

【関連記事】
喪中はがきを出す範囲。お葬式に参列した人は?親戚は?

まとめ

基本的に 結婚の報告や転居の報告は「住所や苗字の変更」を知らせる事務連絡みたいなものでから出した方がいいです。でも、出産報告は、してもしなくてもいい連絡です。喪中ハガキを出すような状態なら急ぐ必要なありませんので いずれ落ち着いてからでも大丈夫です。

 

赤ちゃんのいる生活は大変なので、あまり周囲に気を遣わず完璧を目指さずに乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク