喪中はがきを出す範囲。お葬式に参列した人は?親戚は?

2018年4月6日

身内の方がお亡くなりになった時に年賀状の代わりとして使う「喪中はがき」ですが、出す範囲がわからない、といわれる方がいます。

今回は喪中はがきを出す範囲についてお話します。

スポンサーリンク



喪中はがきを出す範囲

喪中はがきは 基本的に「毎年年賀状のやりとりをしている人」に出すようにします。

 

「喪中はがき」とは、「身内が亡くなったので今喪に服しています。新年の挨拶ができないことをお許しください」という事を相手に伝えるものです。

「喪に服す」とは、身内の方が亡くなってしばらくの間、故人をしのんで暮らすことです。

昔はその期間は
・お正月の飾りをしない
・鏡餅を飾らない
・初詣も行かない
・年始のご挨拶にも行かない
・お酒を飲まない
・ご馳走を食べない
・音楽を聴かない
・服装も地味にする

と 「楽しいこと」や「華やかなこと」は謹んで過ごすようにしていました。

最初にも書きましたが、喪中はがきを出すのは「毎年年賀状のやりとりをしている人」です。

これは、亡くなった方がやり取りしていた人、という意味ではなく、年賀状を書くあなたが毎年やり取りしていた人、という意味です。

肉親が亡くなって悲しくて新年の挨拶ができそうにない、生活を慎んでいますので年賀状やご挨拶などの華々しいことも控えさせてください、と意味になります。

喪中はがきは葬式に来た人にも出す?

–お通夜やお葬式に参列をしていただいた方には喪中はがきは必要ないんじゃないの?

–会葬礼状は出したのだから、喪中ハガキまで送るのはクドイ気がする

–死亡したことを知らない人には喪中ハガキで伝えた方がいいと思う

どう思いますか?ひとつずつお話しますね。

まず、喪中はがきはあなたが年賀状を出せない、新年の挨拶ができないというお詫びの手紙ですよね。
なのでお通夜やお葬式に来る来ない、にかかわらず、あなたがいつも年賀状を出している方には喪中ハガキを出します。

お葬式に来てくださった方に出す礼状は あくまで列席してくれたことへのお礼です。新年の挨拶は全然別のものになります。

年賀状とは関係なく お亡くなりになったことを知らせたい場合は、「死亡報告はがき」という形で生前の感謝とともに、亡くなったことをお知らせします。これはお葬式のあとの事後報告となります。

【関連記事】
喪中はがきを出すべきか迷う。

喪中はがきを出す範囲 親戚はどうする?

では 親戚の場合はどうしたらいいでしょうか。

これは お亡くなりになった方にもよりますし、地域の習慣、そのご家族での考え方の違いなどもありますので、はっきりした答えはありません。お亡くなりになった方との距離や お互いの立場の違いなどによって違ってくると思います。

たとえば亡くなったのが あなたにとても近い人で、喪中はがきを出そうかと迷っている相手が、旦那様の兄弟さんなどの場合は、喪中はがきは必ず出しておきましょう。

 

また、年賀状をやり取りしていない人には喪中はがきを わざわざ出す必要はありません。

 

お互いに同じくらい近しい身内であれば、お互い喪中はがきは出さないかもしれません。もしも喪中はがきが届いても、あえて返事は必要ありません。

このあたりは あくまでも「気持ち」の問題です。

 

ただし あなたよりも故人に近い人の場合は、より深い悲しみにいるわけですので むしろ喪中はがきも年賀状も出さない方が 思いやりだとは感じます。

でも こちらも地域の習慣などがありましたら そちらの方を優先させてくださいね。

 

判断に困った時の基準は「今回 不幸なことがなければ年賀状を出していたかどうか」が基準になります。

スポンサーリンク