お歳暮を贈る時期はいつから?

2018年4月11日

年々早くなるお歳暮の予約受付。

とは言え やっぱり せっかくのお歳暮です。常識的な時期に贈りたいですよね。

今回は 「お歳暮を贈るのはいつからなのか」についてお話します。

スポンサーリンク



お歳暮を贈る時期はいつから?

お歳暮を贈る時期は一般的に12月13日(10日という説も)~12月20日までです。

ただし関東地方は12月1日~12月20日までと少し早くなっています。

 

 最近は関東以外の地域でも年々お歳暮の時期が前倒しに早くなってきていますので、全国的に12月に入ったらお歳暮の季節 と思っていいかもしれません。 

 

12月13日以降にお歳暮を贈るのは「昔は12月13日に新年の準備を始めていたから」ということで、それに合わせて新年を迎えるための供物などを贈る習慣があったことに由来します。今では、この一年お世話になったことへの感謝の気持ちを贈るものとして定着しています。

 

お歳暮の受付が早い場合

毎年11月に入るとデパートでお歳暮コーナーを見かけます。

期日指定ができるようでしたら、12月初旬~中旬くらいの日にちを指定してください。

  

 

ネットでの予約受付はもっと早いですね。ネットの場合も

・日時指定可能
・「何日以降」という指定は可能
・「12月上旬など」大枠での希望時期を指定できる
・日時指定不可

・産地直送分は日時指定不可

など色々条件がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

まさか11月には配達しないだろうと思っていたら

11月なのにお歳暮が相手に届いてしまったΣ(・口・)

なんてこともあると思います。

もし手違いで11月にお歳暮が先方様に届いてしまっても先方様は全然気にしません。大丈夫です。

 

「おッ。今年は●●君 お歳暮が 早いなッ」くらいの感じだと思います。

 

※お歳暮を贈る期間については 一般的には一番上に書いた通りですが 現実には11月末からお歳暮が届き始めます。実際の感覚としては11月末~12月の半ばまでがお歳暮が届く時期という感じです。

 運送業の方の負担を考えれば、年末ギリギリでなくていい物は、できるだけ早いうちに配達してもらった方がいいと言う方もいます。

 

お正月用の生鮮食品は年末ギリギリに

お正月用の食材は、お正月直前に届くように贈りましょう。

ひと言で言うのは簡単です。

でも・・・お正月直前の冷蔵庫の中・・・

お正月を自宅で迎える家庭ならきっとパンパンに色々入っていますよね。冷蔵庫も冷凍庫も・・・。

お正月は自宅で過ごさない派の家庭なら年末ぎりぎりに大量の果物とかが届いてもどうしようもないですよね。

 

お歳暮が届くころに在宅かどうかの確認も必要です。

腐りやすい果物は、食べきれませんし。
鮭一匹はさばくのが大変。
賞味期限のある生ラーメン・生うどんも食べているうちに飽きてしまうかもしれません。

先方様に確認できない場合は保存のきくものを贈ったほうがいいかと思います。

 

【関連記事】
お歳暮を贈る時期はいつまで?間に合わないときはどうしたらいい?

おわりに

今年どんなことがありましたか?

お歳暮は一年間の感謝の気持ちを贈るものです。

色々な方に支えられた、と思える方は豊かな人生を送っている方だと思います。

スポンサーリンク






お歳暮

Posted by kisaragi