お歳暮を義母に贈らないという選択

2018年4月11日

贈り物って色々大変ですよね。

そしてせっかくの贈り物も 揉め事の原因になることがあります。

今回は あえて義実家にお歳暮を贈らないという選択についてのお話です。

スポンサーリンク



お歳暮を贈ることに嫌気がさす

心をこめて選んだ贈り物。喜んでもらえるといいな~なんて思っていると

 ・お歳暮を贈ってもお礼がない

 ・贈ったお歳暮に文句を言われる

 ・贈ったお歳暮を他の家へたらいまわしにする

それと同時に

 ・嫁に「常識」を押し付けてくる

 ・「嫁の非常識さ」を非難する

 

そんなこんなが重なるとイライラとストレスが募り ついつい旦那に文句を言いたくなると思います。

この場合どちらに非があるとかは別にして

 

旦那さんは自分の親のことを非難されるとイヤな気持ちになります

 

あなたと旦那さんの間もギスギスします。

 

そもそもお互いの関係は良好ですか?

印象の良くない相手からの贈り物って、なんとなくイラっとしませんか?

 

そして 度々そういう贈り物があると「イライラ」が積み重なっていくものです。

 

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とか「親が憎けりゃ子も憎い」とかの類ですね。

 

要するに

「嫁が気に食わないから お歳暮も気に食わない」

 

(反対にかわいい孫からのプレゼントだったら趣味に関係なく、安価なものでもうれしい物です)

 

お歳暮≠人間関係

自分の体験談で恐縮ですが、義実家とものすごくうまくいっているお嫁さんって「お歳暮」って熨斗のついたデパートの高級品を義実家に贈りつけていないんですよね(その代り お手製のお菓子やお土産などは頻繁に持って行ってるみたいです)

反対に、お互いに気を張り合っている嫁姑の場合は、立派なお歳暮が届くようで、しかも微妙に趣味がずれているものが届くらしいです(本当は ずれてないのかもしれませんが、姑さんの反応はイマイチ…)

 

なぜでしょうね。

なので

 

お歳暮なんてなくていいんじゃないかな?

なんてね

私は思ってしまいます。

 

もちろん

そうでない家庭もあります。

お歳暮を贈って喜んでいただけるなら別ですよ

 

でも

お歳暮をもらって あなたがイヤな思いをするとか

そもそも 義実家と合わないんだけど義理と世間体で贈ってるとか

 

そんなお歳暮だったら なくていいよね

贈っても仕方ないよね。

 

って思いませんか?

 

人生は長いんです。

 

もしも 何かのきっかけで 相手との距離が近づいたら  その時には何か喜びそうなものを贈ってみるといいと思います。

 

きっと最初の頃に選んでいたものとは 全然違うものを選ぶんじゃないかな、という気がします。

 

【関連記事】
同居中の両親へのお歳暮

終わりに

お歳暮は誰に贈るのが常識なのか

常識的には実家や義実家に贈るものなのか

 

「常識」というのも厄介ですね。「常識」があると色々考えなくても人付き合いが楽にできます。でも「常識」ばかりに目が行くと、本当に大事なものが見えなくなってしまいます

 

どんな相手ともうまくいくなんてただの理想ですよね。

世の中にはどうしても価値観の合わない人っているんです。

 

それは どっちが悪いわけでもない、と私は思っています。

スポンサーリンク






お歳暮

Posted by kisaragi