年賀状の一言をボールペンで書いていい?

2018年3月31日

印刷した年賀状も 手書きで一言加えると 印象がずいぶん変わるものです。特に目上の方への年賀状や 遅れて投函する年賀状には 添え書きをするようにしましょう。

今回は 年賀状に一言書く時の筆記具についてのお話です。

スポンサーリンク



年賀状の一言を書くのはボールペンでいい?

私の個人的な感想で言うなら 何も書いていない年賀状に比べたらボールペンでも筆でもいいので「一言」がある年賀状の方が ずっと温かみがあって「良い年賀状」だと思います。

でもせっかく手書きで書き加えるのですし 年賀の挨拶です。 ボールペン以外の筆記具を使うのもいいかな と思います。

筆っぽいものにしたいなら・・・もちろん 腕に自信があるなら「筆」とう選択肢が一番 お正月っぽいし フォーマルな印象です。「でも普段使い慣れないので難しい」という方は「硬筆タイプの筆ペン」がおすすめです。サインペン感覚で書けますし「 はね」・「はらい」はきちんとできるので 年賀状には最適です。

 

ボールペンタイプのものを選ぶなら・・・普段使いのボールペンで はがきの文字を書くと ちょっと物足りない印象になってしまいます。ハガキの字は少し太めの濃い黒のものを使うようにしてください。たとえ字に自信がなくても しっかりした字で はっきりとわかりやすく書かれている年賀状には 今年の意気込みが感じられて好感が持てます。水性ボールペンや油性ボールペンの太字のものがおすすめです。

 

もともと年賀状は こちらの近況報告と先方様の今年のご無事を簡単に書くものです。あまりこまごまと書かずに 簡潔にすっきりと用件をまとめるほうがスマートです。

 

年賀状専用ペンを使う

インクジェットでプリントした年賀状に添え書きしたら インクがにじんでしまった・文字が かすれてしまったという経験をしたことはありませんか?

インクジェットでプリントされたものは 特殊なコーティングがされているので 普通のペンを使ったら にじんだり かすんだりすることがあります。

一番おすすめなのは 年賀状用の専用ペンです。「はがきペン」などが発売されています。速乾性が高く細かな文字が書けるので、はがきをきれいに仕上げることができる

 

また インクジェット写真用年賀はがきに 吹き出しのセリフを書き込んだりするときは細字タイプのマーカーも使いやすいです。

 

【関連記事】
年賀状に句読点をつけてしまった!どうしたらいい?

終わりに

筆記具が変わると 不思議と字の印象も変わります。

せっかくの機会です。自分の字が よりキレイに見える筆記具を探してみるのもいいではないでしょうか。

スポンサーリンク