取り箸がない時のマナー。大皿料理は逆さ箸?直箸?

2018年3月24日

大皿料理に取り箸がなかった場合 あなたならどうしますか?

取り箸がないと 不潔な感じがしますか?全然平気で気になりませんか?

今回は 皆で分け合う献立に取り箸がなかった場合のお話です。

スポンサーリンク



取り箸とは・直箸とは・逆さ箸とは

最初に「取り箸・直箸・逆さ箸」について説明しますね。

 

取り箸(とりばし)とは大勢でお料理などを食べる時に 皆の分を盛ったお皿から 自分の小皿に取り分ける時に使うお箸のことです。

 

直箸(じかばし)とは  取り箸を使わず、自分が使っている箸で直接お料理を自分の皿に取ることを言います。

 

逆さ箸(さかさばし)とは 取り箸を使わずに大皿の料理を取るときに自分が持っている箸をクルリとひっくり返して お箸の後ろの方でお料理を取ることを言います。

取り箸がない時はどうしたらいい?

取り箸を使うような料理なのに取り箸がない場合は、その家の人か、お店の人にお願いして「取り箸」をいただくのが一般的です。

大勢で食べる時は 割り箸などを何膳か余分に用意してもらうといいですね。

 

取り箸を用意できない場合は?

「取り箸をいただいていいですか」と言えない場面もあると思います。

そんな時は「直箸」で食べるか「逆さ箸」にするかになりますね。

どっちの方がマナーにかなっているか、ですが

基本的に 直箸も逆さ箸もどちらもマナー違反です。

 

実際には

気にせず直箸でドンドン食べる人もいると思いますし、

直箸で食べるのは失礼かな、と思って逆さ箸で食べる人もいると思います。

 

衛生面で考えるなら

唾液の中のウイルスが感染するかもしれない直箸

手のばい菌がつくかもしれない逆さ箸

・・・どう考えても直箸の方がデンジャラスですよね

 

よりスマートなのは?

最近は 若干「逆さ箸」の方が嫌われているようです。

理由は

・持つ方の部分が汚れるから見た目が汚くなる

・手が触れている部分が料理に触れるのは不潔

・もともと祝箸などの両方使える箸の場合は片方が神様、片方が人間用として使われていたから

などがあります。

 

ネットでも「逆さ箸はマナー違反」という記事を良く目にするため、逆さ箸で取り分けていると「マナーを知らない人」認定される可能性もあります。

…これは これで 別の意味でデンジャラスですね。

 

マナーとして考えるなら

もともと日本では 一人分ずつをお膳に並べてお出しするのが正式のマナーなので、本来は取り箸の習慣はありません。なので 直箸か逆さ箸か ということに関しての答えはないんです。

 

●きちんとしたお席なら取り箸をお願いするのが唯一の正解になります。

 

 ●あまりマナーとは関係ない場所、たとえば大勢で鍋をつつくとか 焼肉パーティーをするなどの時には、片手に茶碗かタレ皿を持って直箸で食べるようにします

 

●その他の場所では臨機応変に対応するのが大人のマナーですね(*^_^*)。つまり周囲に合わせるが正解です。みんなが逆さ箸の中で一人だけ直箸も変ですし、反対もしかりですね。衛生面でもマナーの面でも直箸も逆さ箸もあまり変わりはないです。

 

●生理的に直箸が苦手な人もいます。直箸に抵抗がある場合は、事前に周囲に断って 食事が始まった時に自分の分をお皿に取り分けておくようにします。お皿に取り分けた料理は周囲の人の食べ方を見ながらペース配分に注意して食べてくださいね。

 

【関連記事】
食事中に口を隠す癖について

おわりに

もしも逆さ箸で食べている人がいたら その人は 直箸で食べることが衛生的ではないと感じているからだと思います。したり顔で「それ!マナー違反よ!」と言う人の方がマナー違反ですよね。

 

自分の実家では 食卓のものには 取り箸やトングが添えられていたけど、義実家に行ったら全員直箸だった。「マナーや躾ができていない家なのかしら?と疑いたくなった」なんて話を聞いたこともあります。でも そこにあるのはただの習慣の違いです。

 

私は マナーと言うのは、相手への思いやりだと思います。食卓では 「正しいマナーにこだわる」ことよりもその場の雰囲気を壊さないことが大事です。

スポンサーリンク