いただきますを言わない彼氏 どうしたらいい?

2018年3月22日

「恋人に 手作りのご飯を食べてもらいたい」って思って レシピ検索して 材料を買って(もしかしたら事前に予行練習なんかもして)、とても美味しそうにできたお料理。

 

でもその彼が「いただきます」を言わずに食べ始めたら・・・?

 

どんな風に思いますか?

 

今回は「いただきます」を言わない彼氏がいたらのお話です。

スポンサーリンク



いただきますを言わない彼氏にイラっとする

育ってきた生活環境が違うと習慣もかなり違います。特に食事に関することは 揉め事の原因になりやすい気がします。

 

例えば あなたが 食事の前には「いただきます」、食後には「ごちそうさま」を言うことが当然の家庭で育ったとします。

 

なのに あなたの恋人は「いただきます」ができない人…

 

「こんな普通のことをしない人なんだ」ってちょっとがっかりしますよね。

 

「食事を作ってもらうことが当たり前だと思っているのかな」って イラっとするかもしれません。

 

もし食べ終わったあとに「ごちそうさま」さえ言わなかったら 文句の一つや二つは言いたくなると思います。

 

いだきますを言わない理由

でも どうして 彼は「いただきます」を言わないんでしょう。

 

そんな時は 喧嘩するより前に理由を聞いてみてください。

 

彼が育った環境では「いただきます」を言う習慣がなかったのかもしれません。

 

一人暮らしが長い場合は「いただきます」を言うことがなくて 「いただきます」を忘れてしまうことがあるそうです。

 

ポリシーの問題かもしれません。「いただきます」と手を合わせて食べるのは戦前・戦中の軍国主義のあたりからの習慣です。最近は「命をいただくことや作ってくれた人に感謝する気持ちからいただきますという挨拶をする」という考え方が主流ですが、これは2000年代頃からの食育との関わりも大きいようです(ウィキペディア参照)

 

最初にも書きましたが 育った環境によって習慣も違います。考え方も色々です。

 

いただきますの意味、ごちそうさまの意味

「いただきます」「ごちそうさま」。

 

とても短い言葉です。

 

でも 言葉の中には たくさんの「思い」があります。

 

あなたが「いただきます」「ごちそうさま」に どういう意味があると思っているのか。

 

あなたのパートナーが「いただきます」「ごちそうさま」をどういう風にとらえているのか。

 

大事なのは一般論ではなく

あなたと彼氏の気持ち

ですよね。

 

もし 考え方に違和感があるなら

きちんと話し合うことで その違和感が減るかもしれません。

 

【関連記事】
食事中にスマホをいじる夫。どうしたらやめさせられる?

おわりに

まあ あれです

…個人的には

料理作った人の気持ちを考えるなら

いただきますくらい言うのが当たり前

とは思いますけどね。

 

「いただきます」でなくてもいいから 何か言葉が欲しいですよね。

 

理屈ではなく 挨拶というか 「今から食べます」という区切りと言うか。

そういうのがある方が 気持ちいいと思うんですが。私は。

 

でも それって無理強いするものでもないです。無理強いされたら食事が楽しくないんですよね。食卓がギスギスしてしまいます。それってよくないんです。

 

「いただきます」や「ごちそうさま」、仕事から帰ってきた人への「お疲れ様」の言葉、「ありがとう」「ごめんなさい」。形式だけでなく 心から言えるような関係になれるといいですよね。

スポンサーリンク