箸の持ち方がおかしい、変、微妙。うるさく言われる理由は?

2018年3月22日

最近のお箸使いへの神経質な風潮はちょっと行きすぎな感じもしませんか?

お箸の持ち方が悪いというだけで 育ちがどうとか言われるのもおかしいし、そういう言葉が存在すること自体 なんだか違和感を感じます。

日本人が  お箸の持ち方にこだわるのはなぜなのでしょうか。どうして「箸の持ち方を直さないといけない」ような流れがあるんでしょうか。

今回は お箸の持ち方が悪いこととマナーについての話です。

スポンサーリンク



お箸の持ち方が悪い。和食のマナーとの関係は?

正しく箸を持てるかどうかは 和食のマナーの中でも特に大事だと言われています。でも以前「お茶碗の持ち方」でも書いたんですが、私は「正しいお茶碗の持ち方」とか「正しいお箸の使い方」とかがキライなんです。

 

しかも そこについてくる言葉「育ちが…」とか「親にきちんとしつけられていない」とかも大嫌いなんです。なんてトゲを含んだ思いやりのない言葉だろうと思います。

【関連記事】
茶碗の持ち方が変と言われた!?人差し指と親指の正しい位置は?

 もしお箸の使い方が個性的な人がいても それは「育ちの問題」ではなく、ただシンプルに「お箸の持ち方の問題」だし、「親にきちんと躾けられていない」のではなく「箸を正しく使う癖がつかないまま大人になった」だけのことですよね。

 

決して「イコール」ではないはず。

 

そして もう一度しつこく言ってしまいますが「育ち」とか「躾」とかの言葉の持つ雰囲気、そういう言葉を口にする人の感受性がキライです。

 

と 私の思っていることをツラツラを書きつづってもキリがないので、一般論に移っていきますね。

 

正式の会食で食事をする場合は きちんとした正式のマナーが大事です。

 

それは洋食でも一緒ですね。着席の仕方、ナプキンの使い方、ずらりと並んだカラトリーの使う順番、ナイフレストがある理由、乾杯の時のグラスの持ち方、スープのいただき方、フィンガーボールの使い方、お肉の切り方、ナイフとフォークだけで魚の骨を外す方法。

和食よりも覚えることが多くて大変かもしれません。

 

和食では ひとつひとつの料理が食べやすいように作られています。小さな皿は手に取ることができますし、お茶碗やお椀も持ち上げて食べることができます。ものすごく合理的ですよね。しかも ほとんどの料理を一膳のお箸だけでいただきます。なので、そのお箸に「機能美」が集約しているような気がします。

要するに お箸だけきれいに使えれば きれいに食事をすることができるんです。

反対にお箸の使い方が変だと「きれいに食事をしていない」ことになります。

なので もしも営業の接待や 高級料亭でのお食事など 気を遣わないといけない場面での食事をするなら お箸はキレイに持てるようになっておいた方がいいです。それは洋食での様々なルールを覚えるのと同じ意味があります。

 

正しいお箸の持ち方を覚えたい場合はネットで動画検索すると わかりやすいものがでてきますので それを見ながら練習すれば覚えられます。

 

お箸の持ち方がおかしい、変、微妙

 日本人で 本当に正しくお箸が持てるのは 全体の3割~5割くらいだと言われています。実際に「正しく持てる」と「正しく使える」のも微妙に違うと思いますし、

お箸の持ち上げ方、置き方、お椀を持っているときのお箸の扱い方、などまで加えると「正しくお箸で食事ができる人」はさらに少なくなると思います。

 

一般的には 正しいお箸の持ち方をしたほうが食べやすいとされていますので、

・魚をむしるのが苦手

・小さな豆をつまめない

・麺類が上手に食べれない

・ぱらぱらしたものはスプーンで食べたくなる

・おかずをつまめないので箸を突き刺して食べる

などの場合は お箸の使い方を直すことをおすすめします。

 

ネットで「正しいお箸の持ち方」などのキーワードで検索してみてください。スマホでその動画を見ながら練習したら覚えることができます。

 

そのほかのケース、つまり

・大体使えてるけど少し変な癖がある

・若干微妙だけど普通にキレイに食べれる

・ 「正しいお箸の持ち方」では食べにくい指の形をしている

なら そのままでもいいと思います。

 

いずれにせよ 食事はストレスなく食べた方が美味しいと思います。

ぜひ ご自身が一番食べやすい方法を探してみてください。

 

ただし お箸の持ち方・使い方に細かい人はたくさんいます。一度 正しい持ち方を覚えておく方が ストレスなく食事ができるのは事実です。

【関連記事】
小皿を手に持つのはマナー違反?和食で食器を持ち上げるのは どこまで?

 

おわりに

他のマナーと一緒で お箸のマナーもTPOで使い分けてもいいのではないでしょうか。

キチンとした場所ならそれなりに、気軽に食べれる場所なら それほどこだわることもないかな、と思います。必要以上に形式にこだわるよりも 思いやりの気持ちを大事にしたいですよね。

 

スポンサーリンク