友人の結婚式の相場が3万円。少ないとその後の人間関係にも関わるということにびっくりした話。

2018年3月26日

今回は結婚式のご祝儀について 私が思っていることを書いています。

かなり私的な見解が入っています。

「 今」ご祝儀のことで悩んでいる人の参考にはなりません。

というか 悩んでいる人は読んだらダメです。

結婚式のご祝儀については 他にたくさんの参考になるサイトがあります。このサイトを即閉じして 他のサイトさんを参考にしてください。

スポンサーリンク



 結婚式のご祝儀の相場=人間関係の清算?

まず ネットでよく見る結婚式のご祝儀の考え方みたいなのをザッとあげてみます

友人の結婚式には3万円が相場

3万円のうち料理と引き出物が1万5000円~2万円。なので実質のお祝い金は1万円と考えればいい。

普通の友達だと3万円で特別仲のいい友達だとプラス贈り物

ご祝儀が1万円なんて非常識

学生や新社会人の場合なら2万円でも仕方ない

学生でも飲食することには変わりはない。 親に養われているんだから親に相談するべき。親が常識ある人な3万円包むようにと出すはず、というのもありました。

1万円しか包めないなら披露宴には出席せずに「お祝い」として1万円を渡すべき

ご祝儀が相場よりも少ない友人とは 疎遠になってしまう

今後の関係を考えるなら相場の3万円を包むべき

どうしても3万円を払えない場合は相手に事前に事情を話して2万円プラス贈り物に。

ご祝儀が1万円だと「嫌われている」と思われても仕方ない

1万円を包むくらいなら披露宴には出席せずに「ご祝儀」として渡した方が結婚式を挙げる人も赤字が少なくて助かる

周囲と違ったことをすると白い目で見られるので 回りに合わせておいた方がいい

3万円を出したくない程度の友人の披露宴は欠席にして1万円を包んだ方がいい。

自分の結婚式に来てくれてご祝儀をくれた人の結婚式には同じ金額のご祝儀を包む。

自分が結婚式をあげなくて 相手からお祝いもご祝儀ももらわなかった場合は、相手の結婚式に招待されたときには披露宴の食事代と引き出物代くらいの金額を渡せばいい。

ご祝儀が1万円だということは 友達にとって私はその位の存在だったということだったんだと思って悲しくなる

====================

====================

違和感を感じませんか?
おかしいですよね?

どれが おかしいって、

ハッキリ言って全部おかしいですよね?

それとも これをおかしいと思う私がおかしいのかな?

結婚式のご祝儀って
結婚式のお祝い金ですよね。

結婚式の料理の代金や引き出物の代金とは違うでしょ。

なんで最初から相殺するような考え方になるんでしょうか。

これ多分 結婚式場の営業の人が言うんでしょうね。

「お金がなくても結婚式あげられますよ~」

「いただいたご祝儀で相殺できるし

人数が多い方が手元にお金が残るから たくさん呼んだ方がいいですよ~」

とかそんなことを…

まあ 自分が先に結婚式をあげた立場なら、一人当たりいくらかがわかってしまうから3万以下のご祝儀では出席できない、というのもアリだとは思いますが。

==================

==================

ネットで 友人のご祝儀の金額を検索すると
友人のご祝儀は 2万円~3万円とか3万円~5万円がヒットします。

そして「割り切れる数字は縁起が悪いから もし2万円を包む場合は、1万円1枚と5000円2枚にして」祝儀袋に入れるように、と書いています。

ここまで言われたら3万円の一択でしょう。
3万円を包むしかないでしょう。

大体いつから 友人のご祝儀が3万円になったのか
誰が そんなことを決めたのかは知りませんが
きっと これもある意味ネット社会の弊害で、
ネット情報に踊らされているんでしょうね。

そもそも お祝い金を そこまできっちり決める理由がわからない。

まあ その位の金額のご祝儀が集まると

結婚式場が営業トークをしやすいのは明白ですから。

そういう業界が作ったであろうホームページが

こぞって そういう情報を流しているのは事実です。

そして その金額が少ないと 友達に裏切られた気がしたり、その後疎遠になったり。

言ったらなんですが たかが 1万円か2万円か3万円か というそのレベルの話で
そこまで話が大きくなるのも訳が分かりません。

と 言えば反論もあるでしょう。

============
============

お金の問題じゃないの!

3万円が欲しいとかそういうことじゃない!

常識的な金額があるのは皆が知っていて

それを包むのが普通なのに

あえて2万円とか1万円とか
そんな金額を包んでくるから

この人は わざとしているのかな
嫌がらせなのかな
そんなに私のことが嫌いなのかなって
思って悲しくなるの

どうしても3万円包めないなら

事前に言ってくれればいいのに

===============
===============

…言えないでしょ。普通。

それが昔からの友人でも。
会社の同僚でも。

お金の話はできないでしょ。

それでなくても衣装代や交通費宿泊費
お金はたくさんかかるのに…

「事情があって欠席します」という

披露宴の欠席連絡をして
1万円包んじゃう方がいいでしょ。

たとえ 本気でお祝いしたい気持ちがあっても…

===============
===============
それと 人の結婚式ってメンドクサイですもんね。

人のウェディング姿なんて見ても仕方ないし。

レストランのお料理に特別関心があるわけでもないし、
趣味に合わない引き出物も要らないし、
引菓子はネットでも買えるレベルだし。

そこにお金をかけるのは あくまでも「主催者の気持ち」

自分のウエディング姿を見てほしいというのも自分のわがまま

欠席せずに来てくれたんだから
それだけで
ありがたい事だと思うんだけど。

=============

=============

一般常識とは関係なく2万円包んじゃう場合だってあります。

昔はご祝儀って2万くらいだったし。

すべての人がネットの情報だけを頼りに
生きているわけじゃないから

たとえば ある人が親に「いくら包んだらいい?」って聞いて
「友達の結婚式なら2万円よ~」って言われたら
2万円包んじゃうかもです。

「そんな親世代の情報でご祝儀の金額決めないで!」って思うかもですが

私たちバブル世代から見ると
今の結婚式よりも昔の結婚式の方が派手で
お金もかけてました。

新郎新婦はゴンドラで降りてきて、
ドライアイスでスモークたいて

料理も豪華だったし、引き出物もすごかった。

新婚旅行は海外がほとんどで。

結婚式に招かれた友人も そこそこ お高いものを着ていたし。

そもそも 今みたいに100均もユニクロもなくて
若い子がこぞってブランドもののバッグや服を買っていた時代です。

それでも 結婚式のご祝儀は2万円でした。

それを考えると 今のご祝儀相場の一律3万円って高いですよね。

1.5倍の値上がりっておかしいでしょ。

今の「3万円」という相場はバブル期にマスコミが作ったものだという説もあるようですが何が言いたいかと言うと

「常識」とか「普通は」とかの言葉の危うさ。

ネットに依存している世代ではびこる

「マナー」や「礼儀」を外してしまった場合の拒絶の仕方

狭い世界しか知らない人が

ネットで知った「常識」に縛られ

そこから外れた場合は

全力で「それ違う」と叫ぶさま

それ以外は受け付けない器の小ささ

===========

===========

スポンサーリンク

いや 文句ばかり言うのは簡単です。

もしも自分がその立場だったら、というのは別問題。

もしも 自分の娘が友人の結婚式に出席する時に
「いくら包んだらいい?」って聞かれたら
私は「3万円!」って即答します。

時代がそうなら仕方ないです。

豪華な結婚式でも、そこそこの結婚式でも、自分の結婚式にお祝いをくれなかった人でも 友人の結婚式が「3万円」なら一律「3万円」です。

結婚式が立て続けにあると痛いですよね。

結果、時期的に近い結婚式は

コッチの子の結婚式には行きたいから出席にして
ソッチの子は欠席してご祝儀だけにしようか

なんてことになるのかな?

コッチの子は3万円プラス記念品で
その分 ソッチの子は2万円にしようとか?

なるほど

そうすると 2万円で落ち込んだり
欠席連絡で凹んだりする理由もわからなくはないですね。

そのあたりで人間関係が清算できてしまうわけです。

お互いの距離感があからさまにわかってしまう

恐ろしいというか
楽しみというか

反対に考えると

疎遠にしたい「友人」の場合は
ご祝儀を1万円とか2万円にしちゃえばいいとかにもなるんでしょうが。

疎遠にしたい友人を持っている人って
なぜか 律儀で 人がイイから
そういうことができなかったりして
いつまでも腐れ縁が続いて
いつまでも ごたごたした人間関係で悩むことに
なるんですよね。

ご祝儀ケチればいいのに(*^_^*)

こういう人間関係が浮き彫りになる場面って
ワクワクしますよね~。

いや、いや
そういう話ではなく。

もちろん
そんな人ばかりではないことも知っています。

ご祝儀なんて気にしないで♪
ただ あなたに来てほしいって思うだけだから

都合が つかないなら仕方ないから無理しないでね

自分の生活を優先してね

でも あなたにお祝いしてもらえたら
私は嬉しい

たとえ
ご祝儀の袋が空っぽでも
(もちろん3万円出せるなら3万円入れたほうが良いですが)

できる範囲で心をこめたプレゼントを考えて

その人のためにおしゃれして披露宴に出席して
心からおめでとうを言って

それができれば十分なのではないかと

それを「常識がない」「ご祝儀が非常識な人は迷惑」みたいに言われるなら

それは すでに最初から「友人」ですらなかったんだと思います。

確かにお料理と引き出物をいただくわけですが
それを用意しているのは
主催者側の「気持ち」なんだから

出席者一人当たりのご祝儀を予算に入れて結婚式(披露宴)の予算を組む方がおかしいし、せこい。

と 思うわけです。

ご祝儀がないくせに

ご飯だけ食べに来ないでよ

なんて思うような人は

最初から呼ばなければいいだけの話。

もしも あなたが結婚式をするなら

また もしも あなたが結婚式(披露宴)に招待をされたなら

一応 ご祝儀の目安は3万円です。私は2万でもいいと思いますが、これは私が思っていることなので世間一般的な事情とは違います。ここは世間に合わせて3万円を包んでください。払えるものを払わずに世間に合わることをしない事で得られるものなどひとつもありません。

でも ご祝儀の用意ができない場合は仕方ないです

大丈夫。私は(または私の友達は)

「ご祝儀なくてもいいから
 結婚式に来てほしい」

「ご祝儀払えないんだけど
 結婚式に参加したい」

と思えるような友人ばかりだよ!

と胸をはって言えるような人間関係ができているなら

その人の結婚式は成功なのではないでしょうか。

【関連記事】
友人の結婚式に欠席する場合の祝電の打ち方は?いつまでに届ける?どこに送る?

女友達の結婚式に呼ばれた。行きたくないのが本音。断り方は?

結婚式の招待状 友人で欠席するときの書き方は?

おわりに

「ご祝儀」というのが存在する国というのも珍しいという話で
たいていの国では 結婚式の披露宴のもてなしは
ホストの負担になっています。

でも そうするとホストの負担ってものすごい
ものになりますよね。

「ご祝儀」はその負担を減らせるための
とてもいいシステムのような気もします。

日本人ならではの 「おたがいさま」みたいな
助け合いの習慣ですね。

だからこそ 形式ばかりが先走って
そこに「思い」がなくなると残念で仕方ありません。

「ご祝儀」は 無くても当たり前
いただければ ラッキーだと考えて
できるだけ大勢の方に祝福していただけるような

そんな結婚式がいいですよね。

スポンサーリンク