結婚式に招待されたゲスト お酒が飲めない場合の対処法

結婚式に招待されるのは嬉しいんだけど、お酒が飲めない人は
「もしもアルコールをすすめられたらどうしよう」
って心配になりますよね。

御祝いの席で 雰囲気を壊してしますのも嫌だし
だからと言って無理にお酒を飲んで 気分が悪くなったら
皆に迷惑をかけてしまうし。悩みどころですね。

今回は アルコールを飲みたくない人の披露宴での過ごし方についてのお話です

スポンサーリンク



結婚式の乾杯の時のお酒

結婚式後の結婚披露宴が始まると
まず 最初に主賓の挨拶があり 続いて乾杯があります。

この時 新郎新婦とゲストのグラスには
シャンパンかスパークリングワインが注がれます。

乾杯をしたら 軽く一口飲むのが礼儀ですが
飲めない人は 飲むマネだけで構いません

「どうせ飲まないのだから 注がなくても」と思ってしまいそうですが

たとえ まったくお酒が飲めない人でも
この「乾杯」のグラスには お酒を注いでもらいます。

なぜかというと
この時のお酒は「飲むためのお酒」ではなく
「乾杯するためのお酒」だからです。

例えば 日本でも家を建てるときに敷地をお酒と塩を清めます。神社にささげるお酒はお神酒(おみき)と言います。お酒って 「式」の時には とても神聖なものとして扱われるんです。

特に結婚式でよく使われるシャンパンには「幸福」の意味があり
次々と泡が昇ってくる様は「幸せが続く」ことにたとえられます。

なので お酒が飲めなくてもシャンパンが入った杯を捧げて
新郎新婦の新しい一歩を みんなと一緒にお祝いしてください。

>>結婚式の披露宴のマナー。乾杯の仕方

結婚披露宴での飲み物の頼み方

乾杯が終わったら お食事が始まります。

会場では アルコールを飲めない人のために
ジュースやウーロン茶のようなソフトドリンクが
用意されていますので、そちらをグラスに注いで
食事を始めてください。

スタッフさんが 食事前や食事中にワインなどを注ぎに来たら
注いでもらっても 飲まなくていいです。
「結構です」と言って注ぐのをお断りしてもかまいません。

お水が欲しい時も スタッフさんに言えば持ってきてくれます。

披露宴会場でお酒をすすめられたら

会食と言えばお酒。宴会と言えばお酌。
…なんて さすがに そんな人は最近はいないです。

と言いたいですが

残念ながら 今も しっかりいらっしゃいます。

また 新郎新婦のご両親がお酒を手に
披露宴会場の各テーブルをまわり ご挨拶をすることもあります。

もちろん お酒を飲みたくない場合は断って大丈夫です。

断り方や かわし方をいくつかご紹介しますね。

●「車で来ましたので」と言ってアルコールを飲めない状況をアピールする
割とよく使われる方法です。
車を運転する人にお酒を進めることはできませんので
多分代わりのソフトドリンクなどを注いでくれると思います。

●「アルコールが苦手で」「お酒は飲めなくて」とお酒自体がダメなことを正直に伝える
普通は この言い方で大丈夫です。
急性アルコール中毒などの事件がニュースで取り上げられることも
ありますので、お祝いの席で 飲めない人に無理にお酒をすすめる人は
いないはずです。

●「アルコールを受け付けない体質なんです」
アルコールアレルギーの人はお酒を飲むと深刻な症状が出ることがあります。
特別な席でも無理は禁物です。

●「頭痛薬を飲んでいるので」
すべての頭痛薬がそうではありませんが、何種類かの頭痛薬は
アルコールと一緒に摂取すると強い副作用が出ることが知られています。
「朝から頭痛がして頭痛薬を飲んだので」と言えば
お酒は飲まないほうがいいと理解してもらえます。

新郎新婦の席に挨拶をしに行くときは

高砂の席にいる新郎新婦は お色直しの時以外は お席から動くことができません。

なので ゲストが新郎新婦のお席に行き御祝いの言葉を言う事があります。

その時に お酒を手に持ち、新郎新婦のグラスにつぐ光景をよく見かけますね。

あんなに飲んで大丈夫なんだろうか、という感じですが、たいていは
ゲスト席からは見えない場所に大きな容器が準備されていて
新郎も新婦も そこに注がれたお酒をサッと移し替えています。

なので あなたがお酒を手に新郎新婦のお席に行っても
全然迷惑では ありません。

もちろん この時
お酒を手にせずに挨拶だけでもOKです

ぜひ お式でよかったことや
幸せになってほしいことなどを
お友達に伝えてくださいね。

まとめ

お酒は 人とのコミュニケーションツールです。

特に日本人はシャイで 「話しかけるのが苦手」という人が多いので

手ぶらで新郎新婦の席に行くよりも お酒を手に持ち「お酌」を口実にしたほうが高砂の席に近づきやすいし

新郎新婦の両親が わざわざ遠方から来てくれたお友達にお礼の言葉を言いたいときも
手にお酒を持っていた方が きっかけが作れていいんです。

なので お酒を飲もうが飲むまいが
お酒をそういう「手段」として利用するのも いいかな、と思います。

あなたも 新婦も両方飲めない人だとしても
お酒を持って新郎新婦のお席に行って
「お祝いをしたいから お酒をつぐマネをしに来ました~」って言って
お酒を注ぐマネだけするというのもアリですよね。

「気持ちだけは しっかり入れといたから」
「幸せになってね」

なんて。
そんな感じもいいのではないかと思う管理人です。

スポンサーリンク