結婚式で友達がいない。ゲストとして招待されたけれど行くのが不安。

友人の結婚式に招待された。でも知り合いが全然いないので出席するのが不安で仕方ない、というケースもあります。

いっそのこと欠席しようかな、でも、仲の良い友達だと やっぱりお祝いしたいし、とジレンマですよね。

今回は知り合いがいない結婚式や披露宴での過ごし方についてのお話です。

スポンサーリンク



結婚式に招待されたけど出席するのが不安

知り合いがまったくいない会食って時間がたたないし、
見るからに「ぼっち」って感じでツライものです。

でも たいていはホストが席次表を作るときに気を遣うものです。

例えば、
・同じテーブルの人に あなたが「ひとり」だということを伝えておく

とか

・あなたと同じように「ひとり」で来ている人と同席にする

とかですね。

また

・あなたの隣に社交的な人に座ってもらう

・同じ趣味や仕事に関連性があるなど 話が弾みそうな人とお隣同志にする

みたいな感じですね。

親族の方が 気を遣って 何かと声をかけることもあります。

いずれにせよ、全部の招待客のことがわかるのは新郎新婦だけなので、
あなたが「ひとり」だと分かった時点で 気遣いはすると思います。

結婚披露宴に招待されたけど 自分の友達がだれもいない

でも 結婚式の支度って忙しくて大変なもの。
ついうっかりしてしまうこともあるかもです。

また そこまで気が回らない人がいることも事実です。

もしそうだったら、その時は諦めて「大人」な対応で乗り切ってください。

自分のことは自分で紹介しましょう。

話しかけるきっかけの言葉は
季節の挨拶から始めてもいいですが、
結婚式に関することから始めてもイイですよね。

結婚式前なら
「結婚式って緊張しますね」

結婚式後なら
「●●さんのウエディングドレスきれいでしたね」
「すごくステキな お式でしたね」
「私 神前結婚に参加させてもらったのは初めてなんです」

披露宴会場で同じテーブルになった人なら
「今日は知り合いが一人もいなくて 心細いので よろしくお願いします」

式や披露宴に慣れていないなら
「結婚式に招かれたのは 初めてなんです。色々教えてくださいね」

別に下手(したて)に出なくていいし
ペコペコとする必要もないです。

普通に 軟らかい言葉で話しかけてください。

そのほうが堂々としていて 言われた方も気持ちがいいと思います。

共通の話としては「新郎新婦に関すること」が手っ取り早いので

新郎新婦の話をしたり
料理や花嫁の衣裳の話をしたり。

自分がわからないことを聞いたりしてもいいと思います。

まとめ

ひとりだと思って覚悟していったら意外と楽しめた、とか、披露宴の間中、だれとも話せなかったとか、結局は出席してみないとわからないんですが、

どうしても無理だと感じたら「断る」という選択肢もあります。

どんな人が出席するのか、どんな結婚式になりそうなのか、わからない場合は新郎新婦に確認してお返事をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク