家庭訪問のお茶の出し方。タイミングと飲み物の種類

家庭訪問が近づくと どのご家庭でもお茶出しのことで悩むものですよね。

どんな飲み物を どのタイミングで用意するのが一番いいのか。

今回は家庭訪問のお茶についてのお話です。

スポンサーリンク



家庭訪問のお茶の出し方

家庭訪問では 何件もの家を訪問します。

そのたびにお茶や茶菓子を進められると先生も大変ですよね。

時間も取られますし、全部を食べたり飲んだりしているとトイレに行きたくなるし、というのもよく言われます。

かといって 最近は「モンスターペアレンツ」に悩まされている先生も多く

・出されているものは食べないと悪いし、
・食べた家と食べない家があるともめ事になるからと

全部食べるか、全部断るかに統一している先生もいらっしゃるようです。

学校単位で「茶菓子お断り」にしているところもあります。
 

普通に考えると 全部の家で用意して、喉が渇いたタイミングで飲んでいただく、ちょっと甘いものが欲しいタイミングで食べていただく、というのが一番いいような気がするんですが、そうはいかないのが現実のようですね。

皆が皆 「自分の家では」と考えるのではなく、もう少し相手に立場になって考えると先生も親も楽なのではないかと思います。
 

さて では その家庭訪問のお茶の出し方についてですが

まず お茶を出した方がいいかどうかについてお話しますね。

ずっとお話をしていると 誰でも喉が渇きます。
特にお年を召した先生や更年期の方は 喉が乾くことが多いです。

それでも 家庭訪問の時は 色々聞いたり話したりしないといけません。

なので飲み物は必ず用意しておくことをおすすめします。

「でも どの家でも勧められるのって大変じゃない?」って思いますよね。

なので
「他のお宅でもお茶を飲まれていますよね。形だけお茶を置かせていただきますが 無理して飲まないでくださいね」という感じの一言を添えるといいかと思います。

家庭訪問でお茶を出すタイミングは?

家庭訪問は 時間が限られていますので できるだけサッとお茶を出すようにしてくださいね。

暑い日には冷たい麦茶を冷蔵庫で冷やしておきます。

また肌寒い日には ポットにお湯をわかしておいてすぐにお茶を淹れられるようにします。

もしも 先生が「お構いなく」「お母さん お茶はいいです」と言った場合は そのまま出さずにお話を始めてください。
 

また お子さんに協力してもらうのもいいかと思います。

お子さんが先生をリビングに案内する間にお茶の支度をしたら その分短時間でできますよね。

でも 反対に あなたが先生の相手をして お子さんがお茶の支度、というのは避けてくださいね。お子さんが用意したお茶だったら先生は 飲まないわけにはいかないので、場合によっては迷惑になるかもしれません。

スポンサーリンク

家庭訪問の飲み物の種類

さて 最後に どんな飲み物を出したらいいのか、についてお話しますね。

家庭訪問にお出しする飲み物は 普通 麦茶やお茶です。

それ以外のコーヒー・紅茶・抹茶など凝ったもの、わざわざ淹れてもらうものは断りにくいものです。

喜んで飲んでもらえる場合もあるかもですが、迷惑な場合もあり、どちらかというと普通のお茶の方が負担にならずに済むと思います。

もちろんペットボトルの麦茶やお茶で構いません。

まとめ

家庭訪問の目的は

・子供を取り巻く環境の確認⇒(通学路や家庭環境)
・子供や親の話を聞く⇒(家庭での様子や対人関係の悩みなど)
・子供や学校ことを父兄に話す⇒(勉強・生活態度・友人関係・給食など)

ですよね。

そのために先生は各家庭を訪問しているんです。

そしてマナーの基本は相手の立場に立ってみること。

家庭訪問のお茶は サッと出して、お話を聞く妨げにならないように、が 家庭訪問をされる大人のマナーかな、と思います。

スポンサーリンク